そんなに珍しいものでもない小判
古銭というと江戸時代の小判を連想する人も多いです。珍しいものと考えられているようですが、実際にはそんなに珍しいというものではありません。江戸時代も長いので、初期の小判は確かに珍しいかもしれません。ほとんど残っていないということもあります。大量に残っているというものもあるので、古銭買取業者でもそんなに高額で対応をしているわけではありません。どれくらいの価値なのか、事前にインターネットで調べてみるのもよいでしょう。金の含有量が多い小判に関しては当然価値も高いので、高値で取引されます。しかし金の含有量が高い小判もそんなには多く残されていないので、たまたま見つかったという偶然もそんなに起きるわけではありません。もしも金の含有量が高い小判を見つけることができたのであれば、古銭買取業者に持ち込んでしっかりと鑑定をしてもらうとよいでしょう。本物であればかなり高額で対応をしてもらうこともできるかもしれません。