無闇やたらに綺麗にはしないこと
古銭は洗浄するべきなのか、買取店への問い合わせに多い問題です。もちろん、洗浄した方が文字も確認しやすくなり、汚れが激しい場合には見劣りする懸念もありますが、これはオークションに出す場合に言える内容です。買取店でも、定期的にオークションが開催されていますが、私たち一般人の場合には、手軽となるアプリでのフリマ、オークションに参加しています。見劣りする商品は、購買力に繋がらず、売れにくくなるため、大半は汚れを水洗いしたり、クロスで研磨して手垢などを綺麗に落とし、画像を添付して売買しています。ですが、古銭買取業者に査定に出せば、相場よりかなり安く売るハメになり、損するケースもあります。古銭買取では、製造時の状態を保つ当時の状態が評価の対象です。洗わずに来店して欲しいのが鑑定・査定士の本音です。古銭を査定した後、磨いた方が再販できる、そういった場合に、業者側で専用機器や洗浄液を用いりクリーニングされ、コインケースに入れて、封印されます。